二輪ダイジェスト 川崎編・遅番Kさん編・続編

  • 2014.06.20 Friday
  • 23:25
二輪ダイジェスト・遅番Kさん・続編
 


続き…
 


 
快楽に囚われていたのは私だけでは無かったのです、私自身己の欲する快楽を貪るように求めて溺れていましたが、それは他の二人にも移っていた様で私が目も眩む様な絶頂を迎えるその時、Kさんは再びお客様の手で、そしてお客様は私の中に熱いものを迸らせたのでした。


 
 
それでも私達は更なるものを求め、私にお客様とKさんが実に濃厚な愛撫を加えてみたり、Kさんがお客様の○○○○を深く口に頬張っている時は、私がお客様の指とお口で可愛がられていたりと常に全員がそれぞれを余すところ無く快楽を高めつつ、その時に備えていたのでした。
 
 


 
続く… 




 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM