二輪ダイジェスト 川崎編・早番Sさん編

  • 2014.06.20 Friday
  • 23:34
二輪ダイジェスト・早番Sさん編
 


今回のお相手は二輪デビューホヤホヤ、早番Sさんです♪
  
 
 
その一時は私とお客様とのキスで幕を開けてのでした。
 
 
とびきり濃厚な舌と舌を絡み合わせ、味わう様なキスをSさんの目の前で繰り広げると、゛こんな濃厚なキス、初めて見ました…、でもこんな凄いの見せつけるなんて…゛と紅潮させた頬とうわずった口調でその衝撃と興奮具合を伝えてきたのです。
 
 


私は一言、゛羨ましいでしょ?゛と言うと゛私もしたいです゛とお客様の唇に彼女の柔らかい唇を近付けていったのです。
 
 

そのキスは彼女の興奮具合が良く分かる程のもので、私はまた同時に二人の唇を味わう為に唇を寄せ、二人の舌に私のものを絡ませていったのでした。
 
 
二人の舌先の柔らかさの違いを十分堪能して、私はSさんの顎を指先でつまむと二人で絡めとりあう様なキスをお客様の前で続けたのでした。
 


 
唇を離すとSさんはぼぅ…とした様な表情をみせ、ただそれだけで身体を熱くさせていたのでした。
 
 
そしてお客様の股間の辺りをまさぐってみると、そこは既に窮屈さを感じているだろうと言う位怒張しているのが伝わってきたのです。
 


 
゛Sさんここ凄いわよ…゛、私の言葉に誘われる様にSTさんの手は私の手に重ねる様にそこを触ると゛あぁ…゛と嬉しそうな表情を宿らせたのでした。
 


それと同時に私とSさんは再び唇を貪り、徐々にお客様の耳元、首筋と舌を這わせていったのでした。
 


 
私がお客様の洋服の上から胸元を撫で上げると身体を震わせたのを感じとると、私は一気にシャツをまくり上げて、Sさんも同時に乳首に舌先を絡め上げていったのです。


 
 
同時に激しい反応を返すお客様、゛凄い、凄い…゛とうわ言の様に繰り返すのでした。
 


 
続く… 



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM