二輪ダイジェスト 川崎編・早番Sさん編・続編

  • 2014.06.20 Friday
  • 23:38
二輪ダイジェスト・早番Sさん・続編
 


続き…
 


 
私はその反応を楽しみつつ、また股間に手を伸ばすとこれ以上無いのでは?と思う程になっていたのです。
 


 
゛ここ苦しい?゛と尋ねると゛もう脱ぎたい゛と。
 

 
私はSさんとまた唇を合わせるお客様のパンツに手をかけ、ずらせるだけずらし、○○○○を解放したのでした。


 
 
それは勢いをつけて飛び出す程屹立した状態になっていたのです。
 


 
私は根元から先端へとゆっくりと舌先を這わせてゆくと、お客様の身体が小刻みに震わし呼吸が荒くなっていくのを感じとり、もう既に快楽に身を委ねた状態になったのを確信したのです。
 
 


 
そして私はSさんとお客様に見せつけるかの様にスカートをまくり上げて私の秘所へと○○○○をゆっくりと挿入していったのでした。
 


 
 
続く… 




 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM