秘書室 歩美さん 【ランク:3】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 01:04

【レベル:3】

 

 

加筆予定

秘書室 宝生さん 【ランク:1】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 01:01

【レベル:1】

 

 

加筆予定

秘書室 まほさん 【ランク:1】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 01:00

【レベル:1】

 

 

加筆予定

秘書室 こはるさん 【ランク:2】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 00:57

【レベル:2】

 

 

加筆予定

 

秘書室 えみりさん 【ランク:3】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 00:56

【レベル:3】

 

 

加筆予定

秘書室 るみさん 【ランク:2】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 00:53

【レベル:2】

 

 

加筆予定

 

秘書室 えまさん【ランク:3】

  • 2017.03.23 Thursday
  • 00:51

【レベル:3】

 

 

加筆予定

二輪ダイジェスト 秘書室 つかささん・3

  • 2015.05.14 Thursday
  • 22:28
二輪ダイジェスト・つかささん・続々編



続き…





これ以上無い位に硬く屹立した○○○○、私はお客様を押した倒し、それに再びひどく塗れそぼる秘所に押し入れ、本能の赴くままに、その快楽に没頭し、絶頂の嬌声をあげた時、お客様の○○○○もその精を放ち、私の中で強く脈打った。




それを切なげに塗れた瞳でじっ…っと見つめていたつかささんは、ベッドににじりより、膝を付き私達にぐっと近よってきた。






続く…


二輪ダイジェスト 秘書室 つかささん・2

  • 2015.05.14 Thursday
  • 22:27
二輪ダイジェスト・つかささん・続編




続き…






お部屋に入るなり、何の予告も無しに私はお客様の両足の間に入りこみ、"まだまだこんなに硬いままね…"と微笑と共にその○○○○に唇を寄せ、一気に快楽の狭間へと誘った。



その眉間に現れる快楽の印は、その深さを物語っていた。



そして顕になっている胸元に唇を寄せるつかささん、舌先で繰り返し刺激するたびに、私の唇にあたる○○○○はその硬さを増して、お客様はくぐもった吐息を絶え間無く洩らす。



それは、ひどく私達の劣情を刺激するものだった。








続く…




二輪ダイジェスト 秘書室 つかささん・1

  • 2015.05.14 Thursday
  • 22:26
二輪ダイジェスト・つかささん・前編


今回の二輪ダイジェストのお相手は、秘書室のつかささんです(^ω^)






前回別の女の子達と二輪を楽しんだお客様は、私の二輪が特殊だと聞いて興味を持って下さったようです。



そしてつかささんと私の組み合わせで入って下さったお客様は、お部屋に入った時点で、既に1度絶頂を味わい、そして身体中に汗をかいていたのです。







続く…




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM